MetaMask(メタマスク)をダウンロードしてウォレットを作成する

ウォレットとは仮想通貨を入れておく財布のようなもので、これからNFTを買う場合に必ず必要になります。

ここでは最も代表的なMetaMask(メタマスク)というウレットの作成方法を説明します。

利用するには、ETH(イーサリアム)をウォレットに入れて、OpenSeaのような各サービスに接続して使うウォレットが「メタマスク(MetaMask)」です。

スポンサーリンク

仮想通貨ウォレットMetaMaskを設定する

MetaMaskを利用するには、PCの場合はWebブラウザの拡張機能を、スマホの場合はアプリをインストールする必要があります。

インストールと初期設定方法【ブラウザ】

ここでは、PCを使ってGoogle Chromeの拡張機能としてインストールする方法をご紹介します。

スマホ用のアプリも基本的な考え方は同じなので、このWebブラウザの拡張機能の設定方法を理解しておけば対応可能でしょう。

MetaMaskをChromeにダウンロードする

MetaMaskの公式サイトは下記です。

https://metamask.io

偽のサイトも多いので必ず上記の公式サイトURLを開いてください。

この画面の右上または左下の「Download」または「Download for Chrome」をクリックしてください。

ここでは「Download for Chrome」をクリックします。

「Chromeに追加」をクリックします。

「拡張機能を追加」をクリックすれば「MetaMask」がインストールされます。

MetaMaskのパスワードを設定する

「開始」をクリック。

「ウォレットの作成」をクリックします。

「同意します」をクリック。

8文字以上のパスワードを入力し、利用規約にチェックをいれたら「作成」をクリック。

シードフレーズを確認し保管する

このビデオを確認したら「次へ」をクリックします。

こちらの画面が開いたら黒い部分をクリックしてシードフレーズを表示させます。

出てきた英単語12個の羅列を大切に保管してください。

非常に重要なものなので、スクリーンショットを撮ったものを印刷するなどして大切に保管するようにしてください。

このシードフレーズは絶対に他の人に教えてはいけません!

シードフレーズを聞いてくる場合は100%詐欺なので、絶対に伝えないでください。

シードフレーズを保管したら「次へ』ボタンをクリック。

こちらの画面が開いたら、指定のシードフレーズの順番どおりに12個の英単語を選択していきましょう。

終わったら「確認」ボタンをクリックします。

シードフレーズは、誤ってMetaMaskの拡張機能を削除してしまった場合や、MetaMaskがインストールされているPCが故障してしまった場合などに、アカウントを復元させるのに必要となります。

非常に重要なものなので大切に保管してください。

下記の画面に切り替わったら、MetaMaskの初期設定は終了です。

「すべて完了」をクリックして終了です。

スポンサーリンク

シードフレーズと秘密鍵について

シードフレーズと秘密鍵の役割と注意点

シードフレーズと秘密鍵の役割について、具体的な例で説明します。

非常に重要な内容ですので十分に注意して対応ください。

①シードフレーズを忘れた場合

 PCが故障した場合などは自分のアカウントが復旧できないため、入金、送金といった全ての取引が出来なくなります。

 PCは正常でシードフレーズを忘れたが秘密鍵を覚えている場合には、メタマスクに入れている自分の暗号資産は引き出せます。

②秘密鍵を忘れた場合

 忘れた秘密鍵のもととなっているシードフレーズを覚えていれば、シードフレーズから復旧すればその忘れた秘密鍵は復元できます。

③シードフレーズが盗まれた場合

 自分のアカウントが乗っ取られた状態となるため、入金、送金などの全ての取引が盗んだ人の思うままになってしまいます。

④秘密鍵が盗まれた場合

 自分のアカウントは乗っ取られた訳ではないが、その秘密鍵で管理していた暗号資産は、盗んだ人が自由にどこかに送金できてしまいます。

 例えばMetaMaskで複数アカウントを作って運用していた場合、

 アカウント1の秘密鍵が盗られた場合アカウント1の暗号資産は送金されてしまいますが、アカウント2の秘密鍵は盗られてないのでこちらの暗号資産は送金できません。

シードフレーズの確認方法

自分のMetaMaskのシードフレーズを開くには以下のように行います。

MetaMaskを起動し、右上のアカウントイメージをクリック。

「設定」をクリック。

「セキュリティとプライバシー」をクリック。

「シークレットリカバリーフレーズを公開」をクリック。

MetaMaskの「パスワード」を入力し「次へ」をクリック。

シードフレーズ(シークレットリカバリーフレーズ)が表示されます。

この12個の英単語をメモし、安全な場所に保管してください。

秘密鍵の確認方法

自分のMetaMaskの秘密鍵を開くには以下のように行います。

MetaMaskを起動し、右上の赤枠の部分をクリック。

「アカウントの詳細」をクリック。

「秘密鍵のエクスポート」をクリック。

MetaMaskの「パスワード」を入力し「確認」をクリック。

「秘密鍵」が表示されます。

この秘密鍵をコピーし、安全な場所に保管してください。

まとめ

MetaMaskの最初の設定について解説してきました。

この手順通りに進めれば設定できると思います。

前にも述べましたがこの世界にはサギが大変多く、ウォレットの中身を丸ごと持っていかれるような被害も多く聞いています。

これは高齢者に限らず若い人でも多く発生しています。

シードフレーズや秘密鍵は絶対に他人には教えてはいけません。

変化の激しい世界ですので、最新の情報には気を配り対応していって、NFTの世界を楽しんで行きましょう。

スポンサーリンク

MetaMask(メタマスク)をダウンロードしてウォレットを作成する” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。